FXトレード成功者への道 MT4口座開設編

主要MT4口座の比較 MT4でのオススメFX口座は?

主要MT4口座の比較 おススメFX口座は?

国内の主要MT4業者5口座について、取引環境の比較をしていきます。
そして、おススメのFX業者はどこなのかを今一度考えて
見たいと思います。

 

ちなみに、どの業者においても、口座開設、維持に手数料はかかりません。
口座開設、維持手数料は無料です。

 

FXでのトレードの仕方、業者の特徴をしっかりと見極め、自分にとって
有利な業者でトレードすることで、FXから退場することなく、長期的に
安定した利益を獲得できるようになりたいものです。

 

一般的に言われるような、簡単な必勝法というのを追いかけるのでは無く、
堅実に学習して、FXトレードの成功者、ひいては人生の成功者となるべく
進んでいきたいものです。

 

そして、そのための環境となる
「MT4が使えるFX口座のオススメ口座はどこか?」
という話ですが、筆者が多数のFX口座を開設して使ってきたうえでの
結論を紹介します。

 

それは・・・
「自分に合ったMT4が使えるFX口座を見つけるため、
いくつかの口座を開設して試してみる!!」
ということです。

 

もちろん、闇雲に開設して試すというのでは無く、試す価値があるFX業者(口座)
を選択する必要があります。
ということで、取引環境が良く、口座開設キャンペーンをしている
MT4が使えるFX口座を順に開設して試してみましょう。

 

もちろん、MT4を使うということであれば、取引環境の小さな差は気にしない
ということであれば、キャンペーンEAで口座を選択し、しばらくは
そこを使うというのも良いと思います。
そういった考え方を含め、自分の判断ということですね。

 

キャンペーンEAについは、別の記事でまとめているので、ここでは
取引環境という面での比較を以下に紹介します。

主要MT4口座の取引環境を比較

では、国内主要MT4業者の比較をしていきます。
以下に表で示すので、ご自分に合うと思われる業者を検討してみて下さい。
と言いながらも、やはり使ってみないとわからない部分があるので、
可能なら一通り使ってみることをご一考下さい。

 

例えば、メインとする口座は固定しておいて、サブとする口座を
色々試すなどしてみると良いと思います。
サブ口座は、入金額を少なくして、とにかく入出金を含めた使い勝手を
確認する、ということで使ってみるのも手です。
その結果、サブ口座をメインとして使うということが出てくるかもしれません。

 

自分自身、現在も複数の口座を並行して使用していますし、過去にいくつもの
口座を開いて試してきました。

 

口座

最低取引量

通貨ペア数

GMT設定

特徴

OANDA
ベーシックコース

 1,000通貨

 

71

 

 +2/+3
 (日足5本)

@ベーシックコースは、両建て不可
AVPSお試し無料期間の提供あり
B複数のサブアカウント(口座)をもつことができる。
C早朝の時間帯は広がるが、スプレッド狭く、約定が早い。
D取引可能な通貨ペアが豊富

外為ファイネスト
MT4・ZERO

 

1,000通貨

 

 

28

 

 +9 
(日足6本)

 

@スプレッドが狭い
A日足6本となるのは難点だが、1時間足以下の足なら問題なく、概ね良好なトレード環境

FXTF
FXトレードフィナンシャル

 

1,000通貨

 

 

31

 

 +2/+3
 (日足5本)

 @最低取引量が異なるコースを自分で随時選択可能。

  (成行注文方式も異なる)

A2012年1月3日以降の1分足ヒストリカルデータを提供してくれている

Bスワップポイントが概ね良好

Cミラートレーダーにも対応している

Forex.com
(ゲインキャピタル)

 

1,000通貨

 

 

49

(WEBでは

「40以上」
と表記

 +9 
(日足6本)

@無料VPS(EAホスティング)の提供あり。条件は、申込時に口座残高30万円以上、継続は取引量50万通貨(片道)
A世界180ヶ国以上に展開する巨大グループ
B抜群の取引環境というわけでは無いが、サポート対応含めて安心できる
AVA

 

1,000通貨

 

約50
(WEB情報)

 

GMT 0

 

 

@ミラートレーダーにも対応している
A入金は他と同水準の利便性だが、出金は出金申請依頼書記入の必要あり、やや面倒なのが難点。

※表の内容について、正確性を保証するものではありませんので、ご自身でご確認下さい。

 

 

では、それぞれの口座について、筆者の主観も交えて紹介します。

 

 

★OANDA
@1回の最大発注量により3つのコースがあり、ベーシック口座は両建て不可。
ベーシック:10万通貨
プロ:300万通貨
ビッグ:1,000万通貨

 

AVPSお試し無料期間の提供あり
国内VPS業者ではお馴染みの存在である「お名前.com」のVPSを
60日間無料で使用可能。

 

また、BeeksFXという海外VPS業者のサービスを特別価格で使用可能。

 

B複数のサブアカウント(口座)をもつことができる。
複数の口座を持てるというのは、国内MT4口座では稀有な存在で貴重。
サブ口座(追加口座)として、1人14口座まで作成可能。
これは、同一口座内で1つのEAを稼働させたいという場合には、
とても便利です。

 

C早朝の時間帯は広がるが、スプレッド狭く、約定が早い。
日本時間早朝の時間帯は、スプレッドが拡がるのですが、それ以外は
狭いスプレッドが約定が早いという特徴があります。

 

D取引可能な通貨ペアが豊富
マイナーな通貨ペアにも対応しているので、例えば裁量でもトレードするという
場合に、多くの通貨ペアをウォッチしてトレードするという場合には、
とても助かります。

 

残念な点としては、スワップポイントの確認が非常に煩雑な点です。
通常は、付与されたスワップはポイントはMT4上で数字として簡単に
確認可能です。

 

が、OANDAの場合は、スワップが秒単位で計算され、一日分のスワップポイントが
日本時間午前5時に付与され、口座に反映されます。
この時、どの通貨ペアに対するものなのかがわかりませんし、持っているポジションでの
累積スワップもわかりません。
どれくらいスワップが付与されるのかは、WEB上で確認できるのですが、とてもわかりにくいです。

 

とは言え、MT4ではなく、「OANDA fx Trade」という取引プラットフォームであれば、
1通貨からの取引が可能という他には見ない特徴もあります。
最低取引量は、1,000通貨というのがほとんどで、中には10,000通貨というのも
ある中で、1通貨なので貴重です。
例えば、裁量トレードで、デモ口座での練習の後に、少額でトレードしたいという場合や、
少額で外貨を積み立てたいという場合に選択肢となります。

 

EAを稼働させるための運用環境としても、MT4を使った裁量トレードをする場合でも、
個人的には国内口座メインの1つとして活用している口座です。

 

 

★外為ファイネスト
@スプレッドが狭い
国内MT4口座では、スプレッドが狭い部類の口座です。

 

A日足6本となるのは難点だが、1時間足以下の足なら問題なく、
概ね良好なトレード環境
日足6本というのは、日足や4時間足を使う場合には問題となりますが、
それ以下の時間足でEAを運用する場合には、全く問題ありません。

 

特に問題が無く活用できるので、個人的にはOANDAに次ぐ国内メイン口座として
捉えて活用しています。

 

 

★FXTF FXトレードフィナンシャル
@最低取引量が異なるコースを自分で随時選択可能。
  (成行注文方式も異なる)
・1,000通貨:1ロット=10万通貨(0.01ロット=1,000通貨))
        成行注文はカウントダウン方式
        1注文最大発注数量:20万通貨
・10,000通貨:1ロット=1万通貨
        成行注文はストリーミング方式
        1注文最大発注数量:300万通貨

 

A2012年1月3日以降の1分足ヒストリカルデータを提供してくれている
 時間とデータの紐づけがどのようになっているのか確認できていませんが、
 長期間のヒストリカルデータを提供してくれるというのは貴重です。

 

Bスワップポイントが概ね良好
  1,000通貨コース、10,000通貨コースでのスプレッドとスワップをWEB上で
  一覧表示してくれているのは嬉しいところ。
  以下に、その表の一部を転載します。
  なお、スプレッドは日本時間9時から翌日4時までのものとなっています。
MT4口座開設キャンペーン_FXTF_スプレッド_スワップ表

 

Cミラートレーダーにも対応している
MT4とは異なる自動売買プラットフォームであるミラートレーダーにも対応しています。

 

スワップポイントが相対的に良好であるということに注目し、手動でのグリッドトレード的
手法でトレードする口座として活用しています。
グリッドトレード的と言っても、裁量での判断が起点ではあります。

 

口座開設キャンペーンの千刻は、以前から注目していたので、ぜひ使用してみたい
ところではあります。

 

以前は、イメージキャラクターとして「ゆうこりん」(小島優子さん)がいましたが、
今は「こじるり」(小島瑠璃子)さんがおられますね。

 

 

★Forex.com(ゲインキャピタル・ジャパン)
@無料VPS(EAホスティング)の提供あり。
次の条件を満たすと、無料でVPS(EAホスティング)が使用可能です。
申込時に口座残高30万円以上
継続は取引量50万通貨(片道)

 

VPSは「お名前」が提供するもので、OSはWindowsServer2008R2です。
大きな問題は無く、自分も活用させてもらっています。

 

A世界180ヶ国以上に展開する巨大グループ
巨大な企業、グループだから安心というわけではありません。
現に、おかしなことをしていたFX業者もありましたし。
が、Forex.comはサポートの対応など含めて良い取引環境
だと個人的には認識しています。

 

B抜群の取引環境というわけでは無いが、サポート対応含めて安心できる
スプレッドを他と比較すれば狭くは無いですし、日足が6本というのも嬉しくは
ありません。
(あまり弊害はありませんが)

 

が、逆にきちんと企業として利潤を得るべきところで得て企業活動している
とも見えるので、EAホスティングを活用させてもらいながら、サブ口座として
活用しています。
(スプレッドは、取引手数料とも捉えることができ、それはFX業者の収入源)

 

★AVA TRADE
@ミラートレーダーにも対応している
FXTFと同様に、MT4とは異なる自動売買プラットフォームであるミラートレーダーにも
対応しています。

 

A入金は他と同水準の利便性だが、出金は出金申請依頼書記入の必要あり、やや面倒なのが難点。
入金については他のFX業者同様にクイック入金に対応しています。
が、出金に関してはWEB上だけでは済まされず、出勤申請依頼書に記入して
提出する必要があります。
この作業が地味に面倒です。

 

個人的には、数年前には複数口座を開いて使用していましたが、諸般の事情あり、
現在は使用していません。

 

今回の記事作成にあたり、デモ口座を開いてみようとしましたが、開くことが
できませんでした。

 

 

如何でしたでしょうか?
国内主要MT4口座について、その特徴の一部をご理解いただけたでしょうか?
都合が許す範囲で、ご自身で各口座の使い勝手を確認し、今後のトレード環境を
より良いものにしていただけることを願っております。

 

 

 

ブログランキング

いつも応援、ありがとうございます。
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


ホーム RSS購読 サイトマップ