FXトレード成功者への道 MT4口座開設編

FXの総合デパート FXTF(FXトレード・フィナンシャル)

FXの総合デパート FXTF(FXトレード・フィナンシャル)

 

FXTFというFX業者を一言で表すなら、やはり
FXの総合デパート
では無いでしょうか?

 

専門店が集まったショッピングモールというよりも、総合デパートという方が
合っていると思います。

 

 

では、何が総合デパートなのでしょうか?

 

それは、FXに関するトレード方法を全て網羅していると言えるくらい
トレード用プラットフォーム(取引システム)が充実していることです。

 

FXでトレードすると言えば、
a)裁量トレード
b)自動売買
c)バイナリー
ということになるかと思いますが、FXTFだけで全てに対応することができます。
※口座開設手数料、維持手数料はかかりません。無料です。

 

 

a)裁量トレード
「MT4」と「らくらくFX」で裁量トレードが可能です。
MT4と言うと、EAを使った自動売買というイメージが強いですが、
裁量トレードでも豊富でカスタム可能なインジゲータを活用することで、
とても強い武器となります。

 

「らくらくFX」というのは、あまり馴染みが無いと思いますが、文字通り
楽でスムーズな操作性を実現したFX取引サービスです。
何が楽でスムーズかと言うと、損益額を指定した注文ができるということにつきます。

 

これは、実際に
「いくらの利益になるのだろう」
「いくらの損失になるのだろう」
という疑問を持つことなく、逆にそれを指定したトレードをすることができます。

 

もっとも、それらが適切で無いと、結果的に望ましいものにはならないという
可能性があるのは言うまでもありません。

 

また、100通貨単位で取引できるというのも特徴的ですね。
少ない証拠金で始めることができます。

 

FXTFのWEBによれば、らくらくFXをオススメするのは、
・初心者で、入金した金額でどれくらいの損益の取引ができるかわからない
・損失確定ができず、利小損大になっている
・取引ルールを自分で決め、ルールを守って取引することができない
というような方として挙げられています。

 

これらの人には、デモ口座での取引を個人的には勧めます。
その段階を経た後に、身銭を投下するにあたって、まずは小さな取引量で
試すという段階で、有効な選択肢となりそうです。
デモ口座は、MT4の口座であれば、簡単に開設することができます。

 

 

b)自動売買
自動売買と言えば、やはりMT4ですね。
EAと呼ばれる自動売買用ソフトを使用することで、24時間疲れを見せることなく
一定のルールに従って自動で取引をしてくれます。
チャンスを見逃したり、熱くなってルールに合わないところでトレードしたり、
というようなことは無く、淡々と着実にトレードを自動でしてくれます。

 

EAは、
市販されているものを購入する
市販されているものを口座開設キャンペーンでもらう
 (当サイトで紹介しています)
無料で配布されているものを使用する
と様々です。

 

ちなみに、市販されているEAを購入する場合でも、口座開設キャンペーンで
EAをもらうにしても、fx-onというFX情報&EA販売サイトに無料会員登録をしておく
必要があります。
文字通り無料なので、簡単な登録を済ませておくことをオススメします。

 

 

MT4以外にも自動売買システムは存在します。
その代表格がミラートレーダーです。
ミラートレーダーは、トレーデンシー(Tradency)社が開発した
システム(プラットフォーム)です。
そして、それをFX業者含む 世界の金融機関に提供しています。

 

こちらは、予め用意されたストレテジーの中から自分で選択して
自動売買するというものです。
ミラートレーダーは多数のFX業者が提供しているサービスです。
そして、FX業者によって選択できるストレテジーに多少の違いがあります。

 

MT4のEAと同様のロジックがミラートレーダーでも選択できるものがあります。
ミラートレーダーは、以下のメリットがあります。
・提供されているロジックを、無料で使用することができる
・パソコンの電源をオフにしても自動で売買してくれる

 

では、デメリットというかMT4と比較して劣る点はどんなことがあるのでしょうか?
・最低取引量が5,000通貨
 トレーデンシー社の取り決めにより、最低取引量は5,000通貨です。
 それ以上の取引量であれば1,000通貨単位で選択できるという場合もあります。
 また、ストレテジーによって最低取引量が異なる点に注意が必要です。
・一般的に、スプレッドが広い
 無料で使用できるということは、FX業者として利益を得るために、何処かから
 費用を徴収する必要があります。
 それを、例えばMT4より広めのスプレッドとしているものと思われます。

 

ということで、ミラートレーダーは、一般的には自動売買初心者向けという
言われ方をしています。
多数のロジックを選択することができ、パソコンの電源をオフにしても
自動売買してくれるので、自分で用意しておく環境という面で敷居が低いからです。

 

ただし、見た目は無料でも、どこかしらで費用を徴収されているということを
忘れてはいけません。

 

個人的には、ミラートレーダーを使用するのは、自動売買というシステムを実際に
使ってみるという時期だけにして、慣れたらMT4を導入するというのが良いと
考えています。
ミラートレーダーとMT4を並行して活用するというのも良いですね。

 

いずれにせよ、最初は取引量を小さく抑え、長期的に資産増加を目指せるように
することが肝要です。

 

 

c)バイナリー
バイナリーオプションは、一時期爆発的に流行ったという印象がありますが、
その後は落ち着いているという印象です。

 

どんな取引をするのかと言えば、
「一定時間後の為替レートの方向性を予想する」
ということになります。

 

FXであれば、自分で目標とする利益、想定しておく損失、これくらいの時間で
決済となるだろうというシナリオを立てることになります。

 

が、バイナリーの場合は、あるタイミングでの話です。
FXTFで選べる取引方法は、以下の3つです。
1.バイトレラダー
 判定時刻に目標レートよりHIGHかLOWかを予想する取引
 「値動きにトレンドが出ている時にオススメ」

 

2.バイトレレンジ
 判定時刻にレンジの範囲内に価格が収まるか収まらないかを予想する取引
 「INは値動きが小さいとき、OUTは値動きが大きい時にオススメ」

 

3.バイトレタッチ
 判定時刻までに、一度でも目標レートに到達(タッチ)するか、
 一度も到達しないかを予想する取引
 「TOUCHは値動きが大きいとき、NO TOUCHは値動きが小さい時にオススメ」

 

 

対象となる取引通貨ペアは以下の6つです。
1.USDJPY
2.EURJPY
3.EURUSD
4.GBPJPY
5.GBPUSD
6.AUDJPY

 

取引できるのは、判定時刻の2時間10分前から2分前、となっています。

 

 

いかがでしたでしょうか?
FXTFでFX取引の全てを網羅していることをご理解いただけたでしょうか?

 

基本的には、資産を長期的に増大させることで
・自分年金として、自身の老後に備えた資産構築
 401Kなどの個人年金に加え、自分自身で能動的に資産構築する自分年金で
 豊かな老後、経済的に心配なく充実した老後を健やかな生活を実現
・子供の教育資金、自宅購入などライフプランに合わせた資産構築
 子供の教育資金であれば決まったタイミング、自宅購入やリフォームはメドとなる
 タイミングがあります。
 それに合わせて安定した資産を構築していく
を実現されますことを願っています。

 

FXと言うと、何も知らないのにイメージだけで
「損をしてしまうかも・・・」
「恐い・・・」
などと敬遠してしまう方もおられます。
一方で、巨額の利益を得たものの、納税をせずに脱税してしまったという
主婦の方がニュースになっています、何人か。

 

正しい知識を得て、それに基づいた正しい行動をすれば、少なくとも
銀行預金や外貨預金よりも多くの利子を大きくないリスクで、しかも低コストで
得ることができます。
そうです、外貨預金などは銀行などでサービス提供していますが、呆れるを通り越して
笑ってしまうくらいコストが高いです。
なので、必要以上にリスクを負わずに、その中で可能な利益を得る方法というのを
賢明に検討し、そして実行していただきたいです。

 

FXTFのMT4口座におけるスワップ(利子)は、比較的良い条件なので、
銀行で外貨預金にするよりは、良い運用環境だと考えています。
筆者自身、長期用の口座として、スワップ条件の良さを活用してトレードしています。
(短期、中期、長期、EA用などで口座の役割分担をしています。)

 

ちなみに、FXTFに預けた証拠金(資金)は、内閣府令に準拠した金銭信託により
信託保全されています。
つまり、FXTFが破綻したとしても、資産は返還される仕組みです。
信託先は、日証金信託銀行株式会社。

 

以上のことを参考に、長期的に資産構築のためにFXTF口座を活用できるものと
個人的には期待しています。

ブログランキング

いつも応援、ありがとうございます。
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


ホーム RSS購読 サイトマップ